home > ブログ > 2017年7月14日

 

Blog 銀座 リオルーア

 

2017.7.14  ジュエリーの上手な宝石箱の仕舞い方とは????

 

 

今日はジュエリーの宝石箱などに仕舞う際の注意点をお教えいたします。

 

宝石はそれぞれ硬度がありそれぞれの石は硬さが違いますから仕舞う場合は注意が必要です。

 

まず、石と石がぶつからない仕舞い方が大事です。

例えばダイヤとルビーとエメラルドと真珠をもしごちゃごちゃにして仕舞うと硬度ではダイヤは10、ルビーは9、エメラルドは7.5そして真珠は3ですから真珠は全ての石からキズを付けられダメージを受けエメラルドもダイヤとルビーからキズを付けられます。硬いルビーで有ってもダイヤからキズを付けられやすいのです。

 

ですから、宝石箱に御仕舞に成る際は必ず石と石がぶつからないような配慮で仕舞うことを心がけてください。

 

確かに外出先から疲れて戻り身に着けていた宝石を外す際いちいちジュエリーボックスに仕舞う余裕が無いときは一旦棚の上などに置き落ち着いてから丁寧に宝石箱に仕舞った方が良いかもしれません。

ジュエリーポーチの中に仕舞う際も同様です。

 

どうしても一つの袋に複数のジュエリーを仕舞う場合はチャック付きビニール袋などに小分けにした方が安全でしょう...(チャック付きビニル袋は非常に重宝します。当店にはいつも常備しております...)

 

さてこの際、間違ってもテッシュペーパー等に包んで仕舞うのは止めましょう。(当店のお客様の中にも数人..指輪をテッシュに包みバッグに仕舞いその後、誤って捨ててしまった...等のお話が多々あります。中には1ctのダイヤリングだった...という方も...)

 

 

どうしても何かに包みたい時はハンカチなどの方が未だ良いかもしれません...理想は先ほど申し上げたチャック付きビニール袋です...

 

最後にチェーンの仕舞い方ですが細いゴールドのチェーンは非常に絡みやすかったりします。やはり仕舞い方としては吊るすのが一番です。

 

お出掛けに成る際、さあ使おう!!と思っても折角のチェーンが絡まった状態ではとても使うことが出来ません..

 

.絡まったチェーンを解くのはコツが要ります。

 

お困りの際は是非お店にお持ちください。無料でお手伝いいたします....

 

 

 

 

 

 

フェイスブックも御覧ください!

 

 

 

 http://brandjewelryweb.com/

 お問い合わせは...

    info@riolua.com   03-3546-7100

 

    オーダーメイド&リフォームの詳細は

こちらをご覧ください。 

 

 

 

 

DSC_0033.jpg